ろうきんの住宅ローンの審査基準とは?

じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

新生銀行 住宅ローン

他社では借入金額の2%必要な事務手数料が少額固定の54,000円で済みます。トータルでお得になる方もいます。


ろうきんの住宅ローンについての誤解

一般的にろうきん(労働金庫:労金)の住宅ローンは審査通過しやすいと 思っている方も多いようです。

ろうきんの知名度やイメージが先行しているからだと思いますが、 じつは公務員でも住宅ローンの仮審査ですら落ちる場合があるくらい、 むしろ住宅ローンの中でも審査は厳しい金融機関です。

金利が他の銀行などと比べて安かったり、繰越返済手数料が無料などで 人気が非常にあり、借り手が殺到しているため、強気の審査が可能なのです・・・。

勤続年数が少なかったり、年収が500万円以下だったり、 お勤め先が上場企業か、公務員などでないと、実際のところ、 住宅ローン審査通過は難しいといえます。



ろうきんの住宅ローン仮審査に落ちる場合

例えば、自動車ローンを組んでいて返済中なのに、住宅ローンの申込の際に、その他の借入欄にうっかり 自動車ローンの記載を忘れた、などでも、確認もなく、いきなり仮審査落ちになったりします。

軽く考える方が多いですが、

  • 住宅ローン申し込み時点で
  • どこから
  • どのくらいの借り入れがあるか

ということは、住宅ローンを融資する側からみると、非常に重要なことです。

だって、借り入れがあるのにその記載がないということは、

  • 嘘を付いている
  • 借入をすっかり忘れている

このどっちらかで、どちちにしてもお金を貸したくないタイプの方...と言えます。



借入限度額について

一般的に、住宅ローンの借入は年収の5倍くらいまで。 金融機関によっては、年収400万円くらいで、35年ローン、2,000万円借入OKなことも。物件の担保価値が高ければ、OKになることもあります。

ただ、ろうきんや大手都銀は、物件価値よりも、年収、返済比率、勤務先などが 重視されます。ようするに返済負担率くらいしか見ないところが多いです。

ですのでろうきん住宅ローンなら、年収400万円ならMAX2,000万円くらいの借り入れとなります。



仮審査(事前審査について)

住宅ローン仮審査の場合、住宅ローンを組む人の年齢、年収、借入れのプランだけで事前審査結果を決定する金融機関もあるので、仮審査OKだから本審査もOKと簡単にはいきません。



勤続年数

基本は勤続年数3年以上。ただし同業種への転職の場合、前の会社の勤続年数を加算する金融機関もあります。ちなみにフラット35は、勤続年数1年以上からOKです。



過去のキャッシング情報など

クレジットカード、カードローンなどの支払遅延、延滞などが、過去5年以内にあると厳しくなります。



年齢について

団体信用生命保険(団信)では80歳が上限ですので、70歳以上でも大きな問題にはなりにくいです。

ただこれがろうきんの住宅ローンだと、最終返済は満76歳未満と団信よりも厳しいのです。満80歳未満の住宅ローンも数は少ないものの存在するだけに、 ちょっと厳しいかな、という印象です。



まとめ

ろうきんの住宅ローン審査基準は、以上のように非常に高い水準にあると言えます。金利など条件は悪くないだけに、今後もう少し柔軟な審査を期待したいですね。

何はともあれ、住宅ローンを組むなら最初に述べたように意欲的な住宅ローンも視野に入れるべきです。

ソニー銀行、住信SBI銀行、新生銀行、楽天銀行などの民間の銀行では積極的な住宅ローンの貸し出しを行っています。

当サイトのトップページでは、民間の銀行について年収や年齢などの申し込み条件、金利等の借入条件について比較してますので見てみてください。

また、いろいろな銀行を一つ一つ検討するのが面倒な方は住宅本舗の一括サービスがおすすめです。一回の入力で申し込み可能な金融機関の一覧がでてくるので比較検討しやすく、借入先が見つかればそのまま仮審査の申し込みをすることができるので便利です。



最新!ろうきんの住宅ローン審査体験談




住宅ローンのコラム

住宅ローンの審査について

住宅ローンの審査のポイントとは

住宅ローンの審査というのは年収とか職業によって決まることになります。大凡ではありますがその人の年収の五倍程度がギリギリとされています。これは個人によって違うことですし、頭金の有無なども必要になってくることでしょう。本審査の前に事前審査などで試すこともできます。審査には様々な資料を要求されることになります。収入証明とか勤続年数に関することなども重要になってくることでしょう。在籍証明などは必須であるといえます。それをクリアしますと借りることができるようになります。その後、徐々に返済を続けていくわけですが、その年間記録は郵送されてくることになります。つまりは、毎年、いくら払ったのか、という記録は貰えるわけです。だからといってなんなのか、ということにもなりますが、しっかりと自覚しておいたほうがよいに決まっています。それこそが重要なポイントであるといえるのも確かであるからです。つまりは、後どのくらいなのか、ということを知ることが重要になるわけです。



憧れのマイホーム、住宅ローンを考えるときに知っておきたいこと

マイホームが欲しいと考えたときに誰もがぶち当たってしまう壁がお金の工面です。それだけマイホームを手に入れるにはお金がかかるということです。ですからマイホームを手に入れる人の多くが利用するものとして住宅ローンがあります。住宅ローンを組むときには、店舗型銀行系やネット型のもの、固定金利や変動金利と自分たちにとって何が合っているのかを調べ、選んでいかなくてはなりません。

そしてその前に大切なことはその住宅ローン会社の融資条件が自分に該当しているかと言うことです。勤務年数や、女性の場合妊婦であると貸し付けができないことや金額を大幅に下げられてしまうこともあり、借入予定額から大幅に遠ざかってしまうということも考えられます。

仮審査時にその結果は出ますが可能性の低い住宅ローン会社にかけるよりも審査条件に合ったローン会社に申請するほうが選ぶ幅も広がり良いかもしれません。住宅ローンは長期間に及びますので随分迷うところですが間違いの内容に選びたいものです。



住宅ローンの審査結果

住宅ローンを組む際には審査があります。審査に通らなければローンを組むことが出来ないのです。審査基準は銀行によって違いますが、毎月決まった収入があるサラリーマンがローンを組みやすいのです。住宅ローンなので担保価値が高ければ高いほどローンを組みやすいのですが、無職であれば審査は通らない事でしょう。仮に審査が通ったとしても、後々で面倒が生じるケースがあります。月々の返済が遅れるような人には銀行もお金を貸さないのです。

住宅ローンの審査で気を付けなければいけないのが、他社の金融会社からの借り入れです。借金がある方は、基本的にはローンが組みにくいのです。借金があるけど住宅がほしいと言った人は借金を返済することから始めなければ審査にはとおりにくいでしょう。節約して借金を返す必要がありますので、食事のおかずを一つ減らしてでも節約して返済をするべきです。ここまで住宅ローンの審査の事を書いてきましたが、銀行も商売なのです。お金を貸して利息を取っています。利息が銀行の利益なのです。それを頭に入れてローンの審査に臨みたいものです。



審査申込に関する情報を事前に知っておく

借り換えが行われる理由の1つは、最大年負担の軽減です。

そもそも住宅用の融資商品を利用した場合は、必ずと言って良いほど負担が生じる事になります。それぞれの金融商品で、相応の負担が生じる訳ですが、それも乗り換えによって解決されるケースが目立ちます。現時点における手数料が高すぎるならば、やや低めな会社に乗り換える選択肢もあるからです。

ただし注意を要する点は、住宅ローンの審査申込です。そもそも乗り換えるにしても、肝心の審査に通らなければあまり意味がありません。むしろ時間が無駄になってしまいます。

しかし審査の通過率などは、知識によってある程度カバーできる一面があります。その商品に関する知識を多く覚えておきますと、通過率が高まるケースもあります。

そのため、この商品で着実に借りたいと思うなら、様々なローン情報サイトにてポイントを把握しておくと良いでしょう。それだけでも、確率が大きく変わってくる傾向があるからです。




住宅ローンの借り換えでは....

借入当初とは状況が変化して借り換えを行う

住宅ローンの利用者の方々は、たまに困っています。というのも、金利に関する問題が生じる事があるからです。

そもそも融資商品は、金利が変動する可能性もあります。時には、それで手数料はアップする事もあるのです。それで返済に困ってしまうケースも、決して珍しくはありません。

借入当初はリーズナブルな商品だと思っていたとします。試算時には特に問題が無いと思い、融資を受けるケースも多々あるのです。

ですが残念ながら、金融業界では常に変動しています。それで金利が上がる事もたまにあります。

その場合は、借り換えが検討される事になるでしょう。実際にそれで金利を軽減できる事例も少なくありません。2%前後の金利を、1%前後に軽減できる事もあります。

ちなみにそれを実現する為に、カードが検討される事もあります。カード商品が金利が高めだと思われていますが、よくよく見てみると意外と低めな事も珍しくありません。探せば色々と低めなタイプもあるので、幅広く検討してみると良いでしょう。



節約額が大きな借り換えという手段

派遣社員などは、節約額を気にする場合があります。収入にも限りがありますから、生活の為には節約が必要と考える人々も多い訳です。またワタミの従業員なども、同じような事を考える場合があります。 それで節約額も、程度の違いがある訳です。比較的多くの金額を節約できる方法もあれば、そうでない方法もあります。その1つとして、住宅ローンが挙げられます。

そもそも融資商品は、少なからぬ大きな金額が動くことになるでしょう。住宅価格がまとまった数字になりますから、借りている商品に対する手数料なども、かなり大きな額になる事は間違いありません。 それゆえに、借り換えが検討される場合があります。そもそも節約が必要である以上、手数料が大きすぎるからです。それを別会社に乗り換えることによって、大幅な節約が見込めることもある訳です。もちろん借り換え先などは、きちんと選ぶべきでしょう。できるだけ手数料が低めな会社を選ぶべきなのは、言うまでもありません。



借り換え時にも発生する審査と本人確認

金利が高めなローンを利用中のの場合は借換えをおすすめします。明確に金利が高めだと感じた時には、他の金融会社に乗り換える方がお得な事も多々あります。手数料は、やはり重要なポイントになるからです。

ところで借り換えの際にも、やはり審査があります。新規の融資商品を申し込む時にも色々な本人確認書類などが必要になりますが、それは借り換えも同様です。

どのような書類によって本人確認ができるかは、金融会社により色々と異なります。会社Aにて通用した書類が、会社Bでは通用しない事もあります。そのため求められる書類などは予め確認をしておくのが無難でしょう。

なお借り換えに際しては、前に利用していた会社での返済状況なども確認される事になります。滞納などが生じていると、チェンジが難しくなる事もあります。いずれ乗り換える事を考えているなら、返済期日を守るよう心がけるべきでしょう。



住宅ローンの借り換えについて

住宅ローンを組む前からしっかりと資金計画は立てておく必要があるでしょう。具体的にいいますとこれは頭金にしたり、いざと言う時のための資金にします。後は住宅ローン相談会などにもちょくちょく顔を出すようにしておくことです。明日、明後日に決めるようなことではないのですから、何度もそうした相談会に足を運ぶとよいでしょう。金融機関はいくつもあるのですから、ゆっくりと決めることです。

数年単位で計画を立てることも珍しいことではないのです。ですから、ゆっくりと検討をするのは珍しいことではないですし、別に優柔不断というわけてはないです。そんなことは気にしない方が良いでしょう。あくまで自分にメリットがあるのかどうか、ということから決めましょう。また、実際借りた後には借り換えることも検討するべきです。これはすぐに、ということではないですが数年後には金利変動も起きている可能性がありますから定期的に見直しはしましょう。




住宅ローンの金利について

住宅ローンが空前の低金利

今現在、住宅ローンが空前の低金利になっています。これはどこでも同じです。関東地方であろうと関西地方であろうと近畿地方であろうと同じです。全国的に低金利になっているといっても過言ではないでしょう。かなり前に借りた人は借り換えをお勧め出来るほどによい金利になっていることがあります。

但し、問題がある人はさすがに借り換えを認めてくれない、ということがありますから、これは注意しておいたほうがよいでしょう。また、事故歴などがあると不安があるでしょうが交通事故などはまったく関係ないですから、それは心配しないでよいでしょう。問題となることは返済に遅滞があったことがあるのかどうか、ということになります。それが最も大きな借り換え時のポイントになりますから、よくよく覚えておくと良いでしょう。

つまりは、キチンと返済を滞りなく、続けていくことが大事になってくる、ということになりますから、忘れないようにしておきましょう。



住宅ローンのいろんな金利プランはどれが正解?

住宅ローンを借り入れる際、誰もが悩むのが金利の選択についてです。 変動金利と固定金利をベースとして、昨今はいろんな金利プランが出てきておりどれを選んでいいか頭を悩ませるところです。

金利選択は、どの金利を選んだら確実に正解ということはありません。 超長期固定金利のプランを選んだ場合、金利が長期にわたり一定のため、資金計画が立て安く、 市場金利が高騰しても、ご自身の金利が変動しないというメリットがあります。 しかし、変動金利に比べ一般的には金利設定が高く、変動金利が一定水準を維持したまま支払期間が終了すると 変動金利に比べ、支払総額が多くなるといったデメリットも抱えています。

また、変動/固定金利でも、借入当初の金利を期間限定で引き下げたプランなどがありますが、 こちらも当初借入金利適用期間終了後の優遇金利などが割高に設定されているなど、特徴があります。

このように、金利プランはそれぞれメリットとデメリットが存在します。

ご自身にあった金利プランを選択するためには、 具体的な返済計画をしっかりとたていろんなぷらんの中から選択することが大切です。




自営業の住宅ローンについて

自営業者が住宅ローンを組むには

自営業者でも、住宅ローンを組むことは十分可能といえます。いわゆるバブル時代といわれる頃には、自営業者のステータスは高いものとされていました。一般的に、サラリーマンよりも高い所得を得ていたのがその理由といえます。女性からももてはやされていました。その後、バブルが崩壊し、日本の長引く不況下において、収入が不安定な自営業よりも、警察官や教師、消防署員などの公務員の人気が高くなってきました。この公務員の人気が高い状況は、リーマンショックを乗り越え、アベノミクス効果を享受する今般でも変わっていないといえます。そのため、住宅ローンなどの借り入れをするのに躊躇する人も多いとされています。しかしながら、自営業者であっても、銀行などの住宅ローンを借りようとしている金融機関に対し、毎月の売り上げ状況や取引先との資金のやりとりの詳細など、きちんと提出し、その信用が確認されれば、融資を受けることは可能といえます。むろん、担保となる土地や不動産を持っていれば、融資を受けられる可能性は高まります。融資を受けたのであれば、もちろん、返済もきちんとしなければいけません。借りてすぐに返済が遅れたのでは信用はなくなります。



自営業者が住宅ローンを組む際のポイント

自営業者では、会社員と違い仕事の常に安定した収入があるとは限らないという点において、住宅ローンを組む際の審査時にネックになる場合があります。しかし、いくつかのポイントを押さえておくことで、自営業者でも住宅ローンを組みやすくなります。まずは、住宅ローンの審査で最も重視されるのが、年収と安定した収入になります。

住宅購入でのローンでは、長期にわたり返済が行われるため、安定して返済されることを重視されるためです。会社員であれば、会社との雇用契約があり継続的な収入が見込まれますが、自営業の場合は、個人の運営により利益が変わり、収入も変わってきます。その為、このローンの審査を通るためには、銀行などの貸し手に、安定した事業経営が行えていることの提示が重要になります。その為、継続して数年間以上の事業経営ができている場合は、住宅ローンの審査を通過できる可能性が高くなります。また、事業内容も審査時に影響してくる可能性があります。

自営業として行っている商売が、継続的に行っていけるような商売であれば、安定的な経営が見込めるため、審査時に有利にはたらく場合が多くなっています。また、頭金の準備も重要になります。頭金を多く用意できることで、安定した収入があり、貯蓄できていることをアピールすることができます。その為、ローンの申し込みを行う前に、頭金をできるだけ多く用意し、申請を行うことで、審査を通過する可能性を高めることができます。




住宅ローンのシミュレーションとは...

計画作りに役立つシミュレーションと相談会

住宅ローンを利用するなら、シミュレーションも利用するのが望ましいです。なぜなら、それで今後の計画などを立てる事ができるからです。

融資商品を利用する時のポイントは、計画性です。無計画に利用すると後で大変なので、できるだけ用意周到に準備をしておく必要があります。

その情報を把握できるのが、前述のシミュレーションです。毎月どれ位返していけば良いかを計算できるので、家計収支などを参考にした上で、計画を立案していくと良いでしょう。

ただし実際の額は、シミュレーション時とは多少のズレが生じる事もあります。というのもそのシステムで産出できるのは、あくまでも目安に過ぎません。実際には様々な状況の変化が生じるので、多少の金額の差が生まれる事もあるのです。

ちなみに一部の金融会社では、相談会なども実施しています。それに参加をすると、将来的な返済に関するアドバイスなども行ってくれるので、一度は出席をしてみると良いでしょう。



基本方針などのポイントとシミュレーションのメリット

住宅ローンには、様々な基本方針があります。 少なくとも、使い道に関する限定性がある事は間違いありません。当然、それはマイホーム資金だけに使う必要があります。オートレースなどに使う事はできませんので、要注意です。 それで最近の融資商品は、どんどんスピーディーになっている傾向があります。中には即時決済が可能な商品もありますから、色々比べると良いでしょう。 ただしいくら便利な商品でも、借りられなければ意味がありません。審査落ちになる可能性も、やはり否定できない訳です。 それが心配な時には、シミュレーションの活用が推奨されます。使い方はとても簡単です。住宅ローンで借りる情報に関して、色々数字を打ち込んでいく訳です。それで所定ボタンをクリックすると、借りられる確率などが表示される訳です。 そういう情報が分かるだけでも、随分安心できる傾向があります。しかも利用料金は、原則無料になる訳です。心配な時は、それで少し入力してみると良いでしょう。




住宅購入について

住宅購入の方法の建売住宅と注文住宅の特徴

住宅購入の方法は建売住宅と注文住宅があります。建売住宅は土地と建物をセットで購入する形で既に完成している状態の場合がほとんどなので購入の契約をしてからすぐに入居出来るというメリットがあります。また注文住宅は最初に土地を購入してその後にハウスメーカーと共同で家を設計して建てていきます。そのため自分の要望を取り入れる事が出来るので生活スタイルに合わせた家を建てる事が出来るというメリットがあります。

しかし注文住宅は建売住宅に比べて費用がかかってしまいますし設計をしてから工事をしていくので入居するまでに時間がかかってしまうというデメリットもあります。そのため注文住宅で購入する時はデメリットになる事をしっかり頭に入れておくようにしましょう。住宅を購入する時は高価な買い物になるので購入者も基礎的な不動産の知識はある程度覚えておく必要があります。そのため住宅を購入する前に不動産の事についても勉強しておいた方がいいでしょう。



住宅購入をする際に業者と交渉

住宅購入する際には販売業者と交渉することをお勧めします。値引き交渉は皆さんも考えているでしょうが、失敗した場合には何か他の付属品を付けてもらえるように交渉するのです。住宅を販売する営業マンは、毎日コンスタントに家が売れる訳ではないので購入してくれそうなお客さんがいれば何とかものにしようと考えます。その為、ある程度の交渉は受け入れてくれることが多いのです。居住地域によっても違ってきますが、特に大阪では値引きをすると言う文化があります。大阪人は値引き交渉をするのが得意なので、住宅購入を考えた方は大阪の方にアドバイスを受けると良いでしょう。アドバイスを活用して値引き交渉をすると成功する可能性が上がります。逆に住宅販売をする営業マンは、大阪と言う名称を聞くだけで値引き交渉されるのではないかと不安になってしまいます。住宅はとっても高い買い物なので値引き交渉などをして、出来るだけ安くしたいものです。住宅ローンを組む方がほとんどだと思いますが、少しでも金額が安い方が毎月支払う金額も下がるので返済は楽になります。




マンション購入の雑学

マンション購入の際に気をつけること

マンション購入となると、新築であっても中古であっても全国のどこで購入するかを悩むものです。例えば、東京と奈良では同じ間取りであっても価格が全然違うでしょうし、眺望などもかなり変わってきます。そして、やはり新築ではなく中古の物件で築年数がかなり経過しているものに関しては、非常にお手頃な値段で購入できるものが多いです。

しかし、中古の物件はその分管理費や修繕積立金が高かったり、後々売りに出そうと思った時に物件価値が大幅に下がってしまっていたりすることもあるので、そんなに良いことばかりではありません。また、実際に住んでみなければその住宅の良し悪しは分からないため、マンション購入は人生で最大の買い物であり、最も大きな賭けだとも言えるのです。

このように、マンションを購入する際は新築であっても中古であってもしっかりと考えてから行動に移さなければ後悔する結果になってしまうこともあり得るため、自分の意見だけで決めるのではなく、きちんとまわりの意見も取り入れることが大事だと言えるのです。



高速道路近くにあるマンション購入を目指すならサイトを活用

兵庫県や北海道などで住宅を探す場合、何らかの条件を選択する事になります。 そもそも昨今では、マンション購入の為に住宅探しサイトが活用される事は多いです。やはりネットを用いると、非常に効率が良いからです。

それで住宅探し時には、高速道路が重視されるケースもあります。なぜなら地域によっては、自動車が欠かせません。高速道路に近い方が、通勤などの利便性が良い事も多いからです。

しかし不動産会社の実店舗などに立ち寄る方法では、なかなか道路近くの物件が見つからない事もあります。それと比べると、サイトなどは非常に便利です。高速近くなどの条件を選択しておくことで、速やかに物品を見つける事ができます。

また物件条件を登録しておくと、サイトが新着情報を送ってくれる事があります。それにより、さらに物件検索が早くなるケースも多い訳です。したがって高速道路近くの集合住宅を見つけたい時には、どこかサイトに登録しておくと良いでしょう。



じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

新生銀行 住宅ローン

他社では借入金額の2%必要な事務手数料が少額固定の54,000円で済みます。トータルでお得になる方もいます。

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る









このページの先頭へ