年収300万円の住宅ローンの審査基準とは?

じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

住宅本舗の一括審査申込み

実際に適用される金利や借り入れ条件は仮審査をしないとわかりません。複数の金融機関に仮審査を申し込んでみましよう。


年収300万円の住宅ローン審査基準

“物件購入”と“賃貸”

一生どこかの家(部屋)で暮らしていくわけですから、 自分の財産となる物件購入をした方がいいのか?はたまた、賃貸で気楽にいろんなお部屋を体験しつつ暮らしていくのか?これは、永遠のテーマとも言えるでしょう。

30代くらいになると、将来のことを考えて購入を視野に入れる方もいるのではないでしょうか。独身女性のマンション購入も増加の一途を辿っています。 “購入には購入”の“賃貸には賃貸”のそれぞれメリットがありデメリットもあります。

高収入の方なら、住宅ローンの審査も通りやすく購入も難しくはないでしょう。でも、例えば年収300万円の方の場合はどうでしょうか。

賃貸の場合

    家賃1か月:7万円以内。
  • 1年間:7万円×12か月=84万円。
  • 10年間:84万円×10年+(更新料:28万円)= 868万円
  • 20年間:84万円×20年+(更新料:63万円)=1,743万円
  • 30年間:84万円×30年+(更新料:98万円)=2,618万円
  • (更新料:28万円・・・2年契約時で1か月の更新料の場合10年間で4回計算。)



1か月の家賃が7万円ならそんなに家計を圧迫せずに生活できます。一生賃貸で生活した場合を考えてみたのですが、実際に計算してみるとこんなに払ってることに気づき、ちょっとびっくりしました。

賃貸ならどのくらい家賃を支払っても借り物なので、自分の財産にはなりません。しかも、30年間も1か所に住み続けることはたぶんないので、引越しをするとなると上記の金額に、敷金・礼金・引っ越し代などが加算されてきます。

こんなに払うなら自宅購入がいい!となるのではないでしょうか。

住宅購入をした場合は、修繕費や固定資産税、マンションなら管理費も予算に入れなくてはなりません。さらに、住宅ローンを組んだ場合は、金利の加算、保証料や手数料、登記などの諸費用と予定外の出費も大きくなりますので、どんなお金が必要となってくるのかも事前に調べる必要があります。

中古物件だと1,000万円以内のものもあります。新築でも頭金次第では夢ではないのです。

あとは審査をクリアすることが重要となってきます。 銀行によっては『年収100万円以上』とか『勤続1年以上』、『契約社員でも借り入れできる』という借入条件もあります。

審査を受ける前に、どの銀行なら審査が通る可能性があるのかをチェックし、複数社の事前審査を申込んでみるのもいいでしょう。 年収300万円の方も住宅ローンを選べは住宅購入も可能なのです。





住宅本舗

住宅本舗のサイトならソニー銀行や住信SBIネット銀行など申込可能な金融機関をシュミレーションしてくれます。
⇒ 住宅本舗のサービスはこちら


フラット35

フラット35は他の住宅ローンとは違い、年収などの経済条件よりも物件の条件を重視する傾向です。
⇒ フラット35はこちら


りそな銀行

勤続年数1年以上/営業年数3年以上、年収100万円以上の方(他条件あり)の利用が可能です。

三菱東京UFJ銀行

民間金融機関住宅ローン取扱残高No.1。勤続年数や年収についての条件は特にありません。



じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

住宅本舗の一括審査申込み

実際に適用される金利や借り入れ条件は仮審査をしないとわかりません。複数の金融機関に仮審査を申し込んでみましよう。

  • 複数金融機関への審査が一度の入力で済むので忙しい方におすすめ
  • 諸費用を含んだ支払い総額でシミュレーション可能
  • 月々の返済額、保証料、事務手数料など詳しい比較も可能
  • 特許取得、ISO27001取得済みで情報のセキュリティも安心

住宅ローンの借り換えをお考えの方は
⇒ 【住宅本舗】 住宅ローン一括審査申し込みサービス (借り換え)

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る











このページの先頭へ