審査の早い住宅ローンとは?

じぶん銀行 住宅ローン

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。

新生銀行 住宅ローン

他社では借入金額の2%必要な事務手数料が少額固定の54,000円で済みます。トータルでお得になる方もいます。


審査の早い住宅ローン

一口に審査の早い住宅ローンといっても、 色々な尺度があります。

  • 事前審査(仮審査)
  • 本審査

そして、審査がいくら早くても、 融資実行が遅ければ意味がありません

そういった意味で、 当サイトでは実際の住宅ローンに審査通過して、 住居購入費用が借りれるまでの期間が 最も短い金融機関ごとにご紹介したいと思います。



1位1位:ソニー銀行

金利も安くオススメの金融機関です。 とくに申込から融資実行まで来店不要なのも 忙しい現代のニーズに合っており、 「借りる前」「借りた後」 の利便性を追求するソニー銀行理念通りと言えます

ちなみに住宅ローン審査早さは、 もちろん各金融機関によっても異なりますが、 その時のタイミング(担当になる方や政府の金融政策など) によっても多少変わることもあります。

また物件が決まっており早急に住宅ローンを組みたい場合複数の銀行にまとめて申し込みをして一番早く結果の連絡をくれた銀行に決める方法も有効です。

そういった場合にオススメなのが、 ローンの一括申込書請求ができる 住宅本舗(一括審査申込み)というサイトです。

このサイトは上場企業ウェブクルーが運営しており、 信用もできてかつ非常に便利です。

請求フォームに入力している段階で、 条件に合わない銀行には申込書の請求ができなくなるので、 無駄な請求も減ります。

またこのサイトで請求できる銀行は、 金利も非常に低く、審査基準も比較的穏やかな銀行が多いので、 このサイトに上がっている金融機関で住宅ローンが組めるなら、 どの金融機関でも問題ないでしょう。

じぶん銀行 住宅ローン

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。

新生銀行 住宅ローン

他社では借入金額の2%必要な事務手数料が少額固定の54,000円で済みます。トータルでお得になる方もいます。

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る











このページの先頭へ