三井住友銀行住宅ローンの審査基準とは?

じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

住宅本舗の一括審査申込み

実際に適用される金利や借り入れ条件は仮審査をしないとわかりません。複数の金融機関に仮審査を申し込んでみましよう。


三井住友銀行住宅ローン審査基準

三井住友銀行は、「東の三菱」「西の住友」と言われていた、 関西地区の覇者である住友銀行が主体になった銀行であり、 国内を網羅する店舗網と強力な営業力の発揮によって、 住宅ローンも国内1,2を争う程の取扱高を誇っています。


三井住友銀行の特徴としては、金利の優遇幅が取引状況によって 大きく得られることと、全期間固定金利も用意しているところです

この優遇幅は、メガバンク3行 (住信SBIネット銀行 住宅ローンなど) でほぼ同水準であり、 住宅ローンを取り扱っている金融機関全体からみれぱ、 優遇後の金利は低めの金利といえると思いますが、 現状のところ最低水準かというとそうでもなく、 一部のネットバンクや地銀の方が更に低い金利を享受できるようです。

全期間固定金利も取り扱っていたり、住宅金融支援機構と提携した フラット35も取り扱っていますので、完済するまで一定の金利が良いと 考えている方にとっては、相談に行くべき銀行のひとつだと思います

審査の厳しさやスピードについては、メガバンクの中では 一番スピーディかつ融通が利くとの事ですが、 それでも業界全体から見ればやはり厳しめと言えるでしょう


メガバンクはどこもそうですが、接客態度が横柄だったり、 貸してやるんだ的な上から目線の応対をする担当者が少なくないのは 三井住友銀行でも同じです。

貸主と借主という明確な立場の違いがそうさせているのか、 銀行員のエリート意識に起因しているのかは分かりませんが、 銀行と言えどお客さま商売ですから、もう少し親切で丁寧な接客態度を 取ってくれればなあ、と思わざるを得ませんし、 現時点では、嫌な思いも想定内だと思って相談に行くしかなさそうです。



口コミ・体験談

  • 不動産会社の提携先だったので三井住友で住宅ローンを借りましたが、担当者の対応も良く、スピーディに借りることができました。

  • とにかく、貸してやる的な対応に腹が立ちました。どこの銀行でもお金を貸す時は上から目線なのでしょうか。  住宅ローン借り換え 審査基準で他銀行を検討中です。

  • こっちは素人で何も分からず色々と相談しているのに、横柄な態度で接客され、挙句の果てには逆切れまでされました。もう二度とこの銀行は使いません。



最新!三井住友銀行の住宅ローン審査体験談





詳細&審査基準

商品概要

資金使途

本人が居住する住宅、宅地の購入資金、新築、増改築資金住宅取得にかかる諸費用やリフォーム資金については、別のローンでの対応となります。(住宅ローン諸費用・リフォーム)

融資金額

100万円 以上、最大 1億円 まで

融資期間

1年以上35年以内(変動金利型)
2年以上35年以内(固定金利特約型)
10年超35年以内(全期間固定金利型)

金利タイプ

変動金利型、固定金利特約型、全期間固定金利型から選択。 変動金利型から固定金利特約型への切替は可能です。 固定金利特約期間終了後は、変動金利型もしくは 再度固定金利特約型にすることが可能です。

返済方法

元利均等返済および元金均等返済(どちらもボーナス併用可)

担保

融資対象物件に対して保証会社が抵当権を設定します。

保証人

保証人は原則不要です。

その他

保証会社への手数料がかかります。
保証会社に支払う保証料は、借入時に一括して支払う
外枠方式と融資利率に上乗せする内枠方式があります。

利用できる方

以下の条件を全て満たしている方です。
  • 借入時、満20歳以上満70歳の誕生日までの方で、完済時の年齢が満80歳の誕生日までの方。
  • 三井住友銀行指定の保証会社の保証を受けられる方。
  • 三井住友銀行指定の団体信用生命保険に加入できる方。

フラット35、フラット35Sの取扱いについて

 フラット35およびフラット35Sの取扱いは行っています。

じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

住宅本舗の一括審査申込み

実際に適用される金利や借り入れ条件は仮審査をしないとわかりません。複数の金融機関に仮審査を申し込んでみましよう。

  • 複数金融機関への審査が一度の入力で済むので忙しい方におすすめ
  • 諸費用を含んだ支払い総額でシミュレーション可能
  • 月々の返済額、保証料、事務手数料など詳しい比較も可能
  • 特許取得、ISO27001取得済みで情報のセキュリティも安心

住宅ローンの借り換えをお考えの方は
⇒ 【住宅本舗】 住宅ローン一括審査申し込みサービス (借り換え)

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る











このページの先頭へ