フラット35の審査基準とは?

楽天銀行のフラット35

楽天銀行はフラット35で最低金利を提供しており、楽天銀行を引き落とし口座に指定することで事務手数料が大幅に下がります。変動金利の商品と組み合わせたミックスプランも用意されているのが特徴です。

⇒ 楽天銀行の住宅ローンはこちら

ARUHIのフラット35

ARUHIのフラット35は10年以上実績のある住宅ローン専門の金融機関のためスピード審査が可能です。入会金・年会費無料で家電・家具の優待価格購入などメンバーズサポートもあります。

⇒ SBIモゲージの住宅ローンはこちら

住宅ローンとフラット35

住宅ローンはメガバンクを含めた各金融機関が住宅購入用にお金を貸すローンですが、フラット35 のことはよくご存知無い方も多いようです。

フラット35の全般的な概要から審査基準までを解説します。



フラット35とは・・

まず フラット35 とは?

民間の金融機関 国の機関である住宅金融支援機構 が提携して作成している 長期固定金利の住宅ローン の名称です。

マイホーム購入のためにお金を借りられるローンという意味では 一般的な住宅ローンと一緒ですが、 変動金利や期間別固定金利を採用している住宅ローンと異なり、 借入から完済まで同一の固定金利を適用 するところが フラット35の大きな特徴 です。

また住宅ローンの場合、貸し手となる金融機関の他、 当該ローンを保証する保証会社を利用しているところが大半ですが、 フラット35 では 保証会社を利用しない ので 保証料支払いの心配はありません。

返済中の繰上返済や返済方法変更を行なう際、 手数料がかからない ところも メリットのひとつ と言えるでしょう。



フラット35の詳細

細かい部分としては、住宅ローンは金融機関がローンの貸し手になり、 担保権者は金融機関となりますが、 では金融機関がローンを貸すと同時に 住宅金融支援機構がそのローン債権を譲り受けるので、 担保権者 住宅金融支援機構 となります。

フラット35 は受付窓口になっている民間の金融機関で申し込むことになりますが、申し込む際の主要な要件は以下のとおりです。

  • 申込時は原則70歳未満
  • 日本国籍または永住許可を受けている方
  • 年収に占める総借入金の年間返済額の割合が 30%~35%
  • 借入対象となる土地建物の一部または全部を所有していること

また購入するマイホームは、新築、中古を問いませんが、 住宅金融支援機構が定めている技術基準に適合していること 条件 になります。

借入額 は、マイホームの購入価格あるいは 建築費の90%を限度 として 最高8,000万円 までです。



・フラット35で最低金利なのが魅力!
⇒ 楽天銀行のフラット35はこちら

・本審査最短3営業日。スピーディな審査が魅力!
⇒ ARUHI(アルヒ)株式会社(旧 SBIモーゲージ) のフラット35はこちら



担保について、保証人について

その他、購入する対象物件に担保は設定しますが、 保証人の必要はありません

また一般の住宅ローンと同様、万が一に備えて 団体信用生命保険 に加入することもできますが、 保険料が利用者の負担となるところは一般の住宅ローンとは異なります。

上記は フラット35 の概略要件なので、その他の詳細については 受付窓口になっている民間金融機関で確認した方が良いでしょう。

なお、 フラット35 の主要要件はどの金融機関でも変わりませんが、 借入金利と借入時の手数料だけは 金融機関によって異なります ので 気になる方は金融機関別に確認することをお勧めします。

フラット35 の審査は、受付窓口の金融機関での審査と 住宅金融支援機構での審査と2段階で行なわれます。

金融機関では、住宅金融支援機構で定めている要件をクリアしているかどうかの 確認と信用情報に問題がないの確認を行ない、 OKであれば住宅金融支援機構にローン案件として送ります。

住宅金融支援機構でも要件チェックおよび信用調査を行い、 更に購入物件の担保価値を審査します。

信用調査や物件チェックは一般の住宅ローンと変わりませんが、よく調べてみると、 一般の住宅ローン は物件価値よりも 人物を重視している傾向 が見られるのに対して、 フラット35 物件を重視していることが顕著に表れています



利用者の返済についてのチェックなど

一般の住宅ローン では、利用者の返済割合を見る他、 勤務先の確認や勤続年数の確認 年収の確認等を厳格に行なっています

例えば同じ返済割合でも上場企業等、 大手の会社に勤務している方が審査に通りやすい傾向がありますし、 年収が多くても勤続年数が少ない場合は審査が厳しくなる傾向があります。

一方、 フラット35の要件 には返済割合のチェック要件はあるものの、 勤務先や勤続年数について あまり見ていない傾向 がありますので、 自営業者の方や勤務先が中小、零細企業の方、 あるいは業績が思わしくない会社に勤務されている方等は フラット35 の方が 通りやすいと言えるでしょう

物件の価値については、一般の住宅ローンでは申し込み時点での市場価値を基準に 担保価値を審査しているのに対して、 フラット35では住宅金融支援機構が定めている 技術基準に適合した物件のみを融資対象としているので、 物件の市場価値だけでなく構造的価値も踏まえて担保価値を算定しています。

物件調査に関して言えば、 フラット35の方がはるかに厳格に行なわれているのです。 中古物件などの場合は、フラット35ではない普通の住宅ローンがオススメです。

フラット35 の概要を始め、 審査基準についてお分かりいただけたでしょうか

更に詳しく調べたい方は、金融機関に相談に行ったり、 住宅金融支援機構のHPで確認することをお勧めします。

フラット35は申し込み窓口の金融機関によって金利や付加サービスが異なります。
現在人気のフラット35は下記の2つです。



楽天銀行のフラット35

フラット35で最低金利という楽天銀行のフラット35。
自己負担金の必要がなく購入価格の100%を借入できます!
金利組み合わせ商品プランで、金利を抑えることも可能。
引落し口座を楽天銀行に指定するだけで融資事務手数料を大幅ダウンできます。

⇒ 楽天銀行のフラット35はこちら



ARUHI(アルヒ)株式会社(旧 SBIモーゲージ) のフラット35

ARUHI(アルヒ)株式会社(旧 SBIモーゲージ) のフラット35は、事前審査が最短当日。本審査でも最短3営業日回答!
自営業・派遣社員、産休・育児休暇・介護休暇中の方も利用可能。
保証料・繰上返済手数料無料で初期費用・返済時負担が軽減します。

⇒ ARUHI(アルヒ)株式会社(旧 SBIモーゲージ) のフラット35はこちら



じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

住宅本舗の一括審査申込み

実際に適用される金利や借り入れ条件は仮審査をしないとわかりません。複数の金融機関に仮審査を申し込んでみましよう。

  • 複数金融機関への審査が一度の入力で済むので忙しい方におすすめ
  • 諸費用を含んだ支払い総額でシミュレーション可能
  • 月々の返済額、保証料、事務手数料など詳しい比較も可能
  • 特許取得、ISO27001取得済みで情報のセキュリティも安心

住宅ローンの借り換えをお考えの方は
⇒ 【住宅本舗】 住宅ローン一括審査申し込みサービス (借り換え)

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る











このページの先頭へ