ゆうちょ銀行住宅ローンの審査基準とは?

じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

新生銀行 住宅ローン

他社では借入金額の2%必要な事務手数料が少額固定の54,000円で済みます。トータルでお得になる方もいます。


ゆうちょ銀行住宅ローン審査基準

郵政民営化に伴い、平成19年に商号変更したゆうちょ銀行ですが、 圧倒的な店舗網を誇るゆうちょ銀行で、住宅ローンを取り扱っていることを ご存知の方はあまりいないのではないでしょうか。

ゆうちょ銀行では、スルガ銀行の住宅ローンの代理業者として 媒介業務を行なっているのです

ゆうちょ銀行の取り扱っているスルガ銀行の住宅ローンの特徴は、 なんといってもその商品ラインナップ数にあります。

通常の基本プランに加え、
  • 個人事業主応援型
  • 働く女性応援型
  • アクティブシニア応援型

等を始め、親孝行応援型や派遣・契約社員応援型まで、 全部で10種類以上のタイプ別商品を取り揃えていますし、 住宅金融支援機構と提携するフラット35やフラット35Sも取り扱っています。

他の銀行では取り扱いづらい、
  • 女性向け
  • シニア向け
  • 転職者向け
  • 派遣、契約社員向け

への住宅ローンに取り組んでいるところが大きなポイントです。

自分の置かれている現状を踏まえると、「マイホーム取得なんて夢のまた夢だな」 なんて思っている方にとってはチャンスとなるかもしれません。 ただし、デメリットもいくつかあります

ひとつは、適用する金利が高めなところです。 どこでも行っているような金利の優遇措置はないので、金利については覚悟が必要でしょう。 それから、相談窓口についてもどこの郵便局でも良い、という訳ではありません。

全国の82の店舗でしか受付できず、中には受付できる店舗が住んでいる県にない、
というところもありますので、ご利用にあたっては事前に確認する必要があります

所詮、スルガ銀行の住宅ローンを仲介しているだけということもあって、ゆうちょ銀行の住宅ローン担当者の不動産知識やローン知識は、他の大手銀行のローン担当者に比べて頼りないという意見も多く聞かれます。ご利用にあたっては、 ご自身がしっかりと知識を身につけて置いた方が良いでしょう



口コミ・体験談

  • 自分の属性を考えてプランの多いゆうちょ銀行にしましたが、そもそも家の近くに住宅ローンを相談できる店舗がなく、いちいち遠くまで通い苦労しました。

  • ゆうちょ銀行といってももともと郵便局ですから、住宅ローンの知識をどれだけ持っているか不安でしたが、丁寧に教えてくれました。



詳細&審査基準

商品概要

スルガ銀行が提供している住宅ローン〔ホームローン【夢舞台】〕には、 以下の商品があり、基本的な諸条件は基本プランと同一ですが、商品概要や利用資格の一部に異なっている部分がありますので、確認が必要です。

  • 基本プラン
    マイホームの夢を応援する基本プランの商品です。
  • 個人事業主応援型
    個人事業主の方の働く活力と夢を応援します。
  • 働く女性応援型ⅠおよびⅡ
    仕事と家庭に忙しいワーキングマザーや独身女性のマイホーム取得を応援します。
  • アクティブシニア応援型
    50歳以上の方の住み替えなどを応援します。
  • 資産活用応援型
    別荘やセカンドハウスの取得を応援します。
  • 親孝行応援型
    離れて暮らすご家族へのリフォームのプレゼント等、親孝行の気持ちや家族の絆を応援します。
  • ビジネスマン応援型
    若手ビジネスマンのマイホーム取得を支援します。
  • キャリアアップ応援型
    キャリアアップのための転職者のマイホーム取得を支援します。
  • ビジネスオーナー応援型
    中小企業経営者のための住宅ローンです。ビジネスオーナーの方の働く活力を応援します。
  • 派遣・契約社員応援型
    派遣社員や契約社員の方のマイホーム取得を支援します。

資金使途

自己および家族居住用の住宅・宅地の購入、新築、 増改築・リフォーム、既利用中の住宅資金の借り換え 資産活用応援型をお申込の場合の資金使途は、別荘、 セカンドハウス購入資金となります

融資金額

10万円 以上、最大 8,000万円まで
  • 個人事業主応援型、ビジネスマン応援型、 キャリアアップ応援型、ビジネスオーナー応援型を お申込の場合は、最大 2億円 まで。
  • 働く女性応援型、アクティブシニア応援型、 資産活用応援型、親孝行応援型をお申込の場合は、 最大 1億円 まで。
  • 派遣・契約社員応援型をお申込の場合は、 最大 5,000万円 まで。

融資期間

最長35年。
アクティブシニア応援型をお申込の場合は最長30年です。ビジネスマン応援型、キャリアアップ応援型をお申込の場合は戸建で最長40年、マンションで最長50年です。

金利タイプ

変動金利型、固定金利選択型(3年または5年)から選択 個人事業主応援型、働く女性応援型Ⅱ、 アクティブシニア応援型、資産活用応援型、 親孝行応援型、ビジネスマン応援型、 キャリアアップ応援型、ビジネスオーナー応援型、 派遣・契約社員応援型をお申込の場合は 変動金利のみです。

返済方法

元利均等返済か元金均等返済(どちらもボーナス併用可)

担保

融資対象物件に対して保証会社が担保を設定します。

保証人

保証会社が保証するため、原則保証人は必要ありませんが、年収合算者や担保物件の共有者の方は 保証人になる必要があります。

その他

取扱手数料がかかります。保証料は融資金利に含まれます。

利用できる方

  • 日本国籍を有する方、または永住許可を受けている外国人の方
  • 団体信用生命保険に加入できる方で、借入時点の年齢が満20歳以上65歳未満、かつ最終返済時の年齢が満82歳未満の方。
    アクティブシニア応援型をお申込の場合は、借入時点の年齢が 満50歳以上、満75歳未満で、団体信用生命保険の加入は任意です。 資産活用応援型をお申込の場合は、借入時点の年齢が満20歳以上 満70歳未満となります。
  • 住み替え、借り換えの場合、 原則として既存住宅ローンを6か月以上延滞することなく、正常に返済している方。
  • 勤続年数または経営年数が3年以上の方。個人事業主応援型をお申込の場合は、事業年数を問いません。働く女性応援型Ⅱ、アクティブシニア応援型、キャリアアップ応援型、ビジネスオーナー応援型をお申込の場合は、 勤続年数や経営年数を問いません。派遣・契約社員応援型をお申込の場合は、ただし、医師、弁護士等の一部職種の方は1年以上累計の勤労年数が3年以上の方。
  • 住み替え、借り換えの場合、原則として既存住宅ローンを6か月以上延滞することなく、正常に返済している方。

フラット35、フラット35Sの取扱いについて

  取り扱っておりません。

じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利だけでなく10年固定も低金利
  • ローン残高が1/2になる「がん保障特約」が無料

web手続きは契約書に記入不要で簡単。必要書類も写真を送るだけなのでスピーディに手続きできます。auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典があります。

新生銀行 住宅ローン

他社では借入金額の2%必要な事務手数料が少額固定の54,000円で済みます。トータルでお得になる方もいます。

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る











このページの先頭へ